« 安倍首相の言葉   心が無いことすぐにばれる | トップページ | 平成最後の夏   世代交代    戦争が近ずく恐れ »

来春の県議選予想(鎌倉)

2019県議選に中村省司県議が立候補しなければ、当選者は、自民党公認・永田まりな

候補と立憲民主党公認・飯野眞毅候補で決まりだ。永田候補は、当選確実と言ってよい。

神奈川県会は、自・民の連立与党体制が続いている。2019県議選でも変化はないだろう。

鎌倉の県議には、永田氏がちょうどよいと考える。誰がなっても自・民体制が続く限り、新人

に仕事はない。仕事は、党の指示に従い「手を挙げるだけ」です。





2011県議選(鎌倉)

候補者     得票数  党派     新旧  当選回数   肩書

中村省司    21,834  自民党     現     8     党県副会長

早稲田夕季   21,087  民主党     新     1     鎌倉市議

河村琢磨    20,706  みんな     新           議員秘書

銀 悟志      1,091  無所属     新           会社員

1位自民と2位民主との票差が、700票差。2位民主と3位みんなとの票差、300票差。

どちらにしても僅差です。4位の銀候補の千票が、どこについても順位が変わるほどだった。



2017衆議院選(神奈川4区)

候補者     得票数  党派     新旧  当選回数   

早稲田夕季  67,020  立憲      新    1       

山本朋広    55,700  自民      前    3  

浅尾慶一郎  51,495  無       前    3

風間法子    18,618  希望      新

 

浅尾氏は、自民党へ入党するも公認候補になれず落選。山本氏は、自民公認で比例当選。

国政政党の推移は、民主党が立憲・国民・希望に分裂、みんなが無くなった。神奈川4区は、

山本・浅尾が乱立し、今回は早稲田が漁夫の利を得た。



来春の県議選は、

みんなの票が、保守票となる。ゆえに永田が当選確実だ。浅尾・松尾陣営を立正佼成会が、

応援。公明は、永田を応援できない関係となるが、体制に影響なし。



結論

中村省司県議が立候補しないと永田・飯野県議で決まりの

つまらない選挙となる。

« 安倍首相の言葉   心が無いことすぐにばれる | トップページ | 平成最後の夏   世代交代    戦争が近ずく恐れ »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

中村氏が出て、浅尾氏が候補を立てたらどうなる?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/74069248

この記事へのトラックバック一覧です: 来春の県議選予想(鎌倉):

« 安倍首相の言葉   心が無いことすぐにばれる | トップページ | 平成最後の夏   世代交代    戦争が近ずく恐れ »

無料ブログはココログ