« 神奈川県洪水浸水想定区域図の告示の意味     市長と職員の言い訳 | トップページ

神奈川新聞1面トップ記事「村岡新駅 効果100億円超」

神奈川県は、来年度予算において600億円予算不足が見込まれると黒岩知事が、9月議会に
おいて発言しているにもかかわらず、神奈川新聞がトップ記事で村岡新駅を報じている。
黒岩知事も来春統一地方選にて選挙だ。後はどうなろうと関係ないか。無責任な話だ。
村岡新駅構想は、県・藤沢市・鎌倉市の3者が金を出し協力しないとJRは新駅を作らない。
JRは金を出さない。県は金がない。藤沢市は、村岡新駅を重要事業にカウントしていないと
聞く。鎌倉市も金が無いとともに、平成4年以降都市計画事業はすべて頓挫している。




鎌倉市は、町づくりができない実績の持ち主だ。

   

 

18091301_2

18091302_2


鎌倉市は、平成28年度に大船駅東口再開発事業を断念した。

当ブログ「大船駅東口再開発事業   鎌倉市負担が3億円増で断念?」に書いている。

平成29年度には、組織変更にて拠点整備部をも廃止した。

横浜市側は、大船駅笠間口再開発事業を平成28年着工。平成32年完成予定で施工中だ。

 

鎌倉市に都市計画事業をやる気も能力もない!

大船の賑わいは、鎌倉側から横浜側に移るのは必至だ。

深沢開発は鎌倉市にできるのか?

市役所も深沢に移転できるか、疑問です。

 

松尾市長と鎌倉市幹部は、深沢開発計画をコンサル業者に委託して立案するも、

事業断念し、事業計画費を無駄にして終わりでしょう。

« 神奈川県洪水浸水想定区域図の告示の意味     市長と職員の言い訳 | トップページ

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/74203752

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川新聞1面トップ記事「村岡新駅 効果100億円超」:

« 神奈川県洪水浸水想定区域図の告示の意味     市長と職員の言い訳 | トップページ

無料ブログはココログ