« 市民との対話集会     松尾市長疑惑発言     市長発言を訂正 | トップページ | 神奈川新聞1面トップ記事「村岡新駅 効果100億円超」 »

神奈川県洪水浸水想定区域図の告示の意味     市長と職員の言い訳

タウンニュース鎌倉「住民投票目指し署名開始」の記事が出ており、市長の言い訳経緯

「説明に誤り」市が訂正』の項に記載があります。


最新の神奈川県洪水浸水想定区域図(境川水系柏尾川)は、平成39年1月神奈川県告示
第44号にて告示された情報です。


松尾崇鎌倉市長は、市長対話集会で、「『広報かまくら』8月1日号に以前の(古い)ハザードマップ(2010年)を掲載したことについて、神奈川県に対して市広報紙の掲載用データの提供について問い合わせたところ、市の広報紙で使用することについて了解を得ることはできなかった」という趣旨の発言をしました。ところが、市は後日実際には神奈川県とのやり取りがなかったことと広報紙掲載を拒否されていないと文書で説明している。


告示・公報
鎌倉市HPのトップ「更新情報」の毎週月曜日に「告示・公告のホームページへの掲載ついて」
と「告示・公告・手続中の都市計画案件について」が掲載されている。「告示と公告に関する
ページ」には、告示と公告の説明がある。告示・公告の公表は「鎌倉市公告式条例に基づき
市役所前の掲示場に掲示しています。」とある。国は、官報。神奈川県は公報に掲載されて
いる。



告示例

鎌倉市告示第191号 鎌倉市条例制定請求代表者証明書を交付したことに係る告示

(鎌倉市本庁舎整備に関する住民投票条例)

20180905_5695328



 「市役所移転を問う住民投票の会」における市長発言についての疑問点


1.最新の洪水浸水想定区域図に差し替えるように市長から指示があったとの記載が
  ある。市長は、最新の想定図を確認しているが、
 ア 告示されていることを見落としたのか。
 イ 告示という行為の意味を知らないのか。
 ウ 職員の掲載不可を了解している。告示の意味を知らないなら、公務員としても
   首長としても如何か。
  ※ 最新の洪水浸水想定区域図の告示についての職員の理解
     ア・イ・ウともに市長と同様か。


2.文中「市のハザードマップでもないものを広報誌に掲載するのはどうかなどの議論
  がありました。」の記載と「神奈川県としては広報で使うため想定区域図を出すこと
  はできないと誤った解釈」の記載をしている。これらは、「告示」の意味を理解して
  いれば出てこない言葉です。
 


  想定図を見ているのに市長・職員共に告示を見落とした
  とは言えないだろう。


  想定図を「広報かまくら」に記載するかどうかの検討者
  が、「告示」の意味を判らないとは言えないですよね。
 


  
この言い訳は、正しいと言えますか。

 

 

« 市民との対話集会     松尾市長疑惑発言     市長発言を訂正 | トップページ | 神奈川新聞1面トップ記事「村岡新駅 効果100億円超」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2018/9/9(鎌倉市)深沢地区は「特定都市河川浸水被害対策法」の対象

http://fujikama.coolblog.jp/2018/20180909.htm

コメント;広報かまくらに「特定都市河川浸水被害対策法」の対象であることを載せるべきである。

#鎌倉市 #鎌倉市役所 #鎌倉市議会 #住民投票 #直接請求 #松尾鎌倉市長 #土地利権 #特定都市河川浸水被害対策法

【拡散希望】2018/9/11(カナロコ)鎌倉市役所移転問題で 市民と対話
災害対応強化を求める声相次ぐ

http://www.kanaloco.jp/sp/article/359430

コメント:何故立ち止まらず、松尾鎌倉市長と小礒副市長は強引に深沢移転を推し進めるのか、
利権絡み絡み、何かの外部圧力か?

この言い訳は、正しいと言えますか。←言えんだろう。
単なる言い間違いではなく、バレナキャそのまま、知らん顔をして押し通そうとした悪質な嘘だ。市民も馬鹿にされたものよ。
市長や、職員のレベルの低さ、質の悪さは相当なものだ。それを正せない市会議員もノー天気。結局つまるところ市民のレベルが!!と決めつけられるところを、徳俵で踏ん張った。
市役所移転を阻止し、次に市長のリコールを勝ち取ろう。

【拡散希望】2018/9/12(神奈川県議会)本会議代表質問

国松誠議員(自民党)

2 経済のエンジンを回す取組について

(3)村岡・深沢のまちづくりと新駅設置に向けた取組について

(中継録画約2分半): https://youtu.be/t-cMH8JGYVs

コメント:検討するとは何もしない事、合意不可?

【拡散希望】2018/9/13(カナロコ)耐震改修施工の方針 旧鎌倉図書館 現状の木材活用を決める
http://www.kanaloco.jp/article/359910

2018/9/12(鎌倉市議会)教育こどもみらい常任委員会

(中継録画約74分)https://youtu.be/JTInuFYMR1Y

(松尾市長記者会見音声約2分)https://youtu.be/vxw4s5BXKq0

コメント:鎌倉市民ならば監査請求すべき事案‼️

また無駄な税金が使われる、解体して新築すべき、
コンサルタントのみ潤う現状は許されない。

お粗末過ぎる常任委員会質疑応答、補正予算は否決されるか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/74164824

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県洪水浸水想定区域図の告示の意味     市長と職員の言い訳:

« 市民との対話集会     松尾市長疑惑発言     市長発言を訂正 | トップページ | 神奈川新聞1面トップ記事「村岡新駅 効果100億円超」 »

無料ブログはココログ