« 村岡新駅  県・藤沢・鎌倉の首長が共同記者会見  費用分担決める | トップページ | 「毎月勤労統計」が消えた年金問題と同じ   これも忖度か    実質賃金マイナスの可能性!       »

鎌倉おやじと平成

平成が、残り4ヶ月となりました。
Yahooニュース【連載・「わたし」と平成】を見て、記事を書こうと思いました。
国民生活のゆとりが無くなり、生きるのに精一杯なんだと感じました。

平成元年年末株式終値の日経平均株価が、史上最高となる38,915円を記録した。平成の
経済の波が、山から始まりあとは谷にへ下るばかりだ。私のサラリーマンの現役生活は幸い
なことに何とかクリアーできる時代でしたが、サラリーマン時代の最後は、小泉首相が「色ん
な働き方があってもよい」と働きたいときだけ働く有期雇用などと共に派遣労働が導入されて
きて、社内の一部に派遣労働者が入ってきた時代だった。


すなわち「同一労働・同一賃金」が崩壊した始まりでした。



平成は昭和時代の精算を行うことだったが、いまだに精算が出来ていない。
これは、今の現役世代だけの責任ではない。平成時代に関わった全ての人たちの責任だ。
鎌倉おやじも昭和の精算を先送りした世代です。
労働者が正規雇用を望んでいるが、国民の雇用の内40%近くが非正規労働者です。賃金を
安くするために雇用する側が、非正規雇用を採用している。
サラリーマンの平均年収が400万円台だと言われている。昭和の時代から見ると減収です。
第二次安倍政権になり6年過ぎたが、国民生活の右肩下がりの傾向に変わりがない。
最近では安倍首相も「アベノミックス」を一言も言わなくなった。彼の政策は、短期的なカンフ
ル剤のようなもので長期的な視野に基づく政策ではない。
金融政策についても同様であり、安倍政権時のみ良ければよいとの判断であり、「あとは野と
なり、山となれ」のスタンスだ。



選挙と政権維持が、第一。

国民生活は、後回しが安倍政治だろう。

安倍政治が地方政治に蔓延しないように。

« 村岡新駅  県・藤沢・鎌倉の首長が共同記者会見  費用分担決める | トップページ | 「毎月勤労統計」が消えた年金問題と同じ   これも忖度か    実質賃金マイナスの可能性!       »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

住専で税金を銀行につぎ込んだ時点で日本は終わった。
最近の恐るべき事実はジプチの陸軍基地。もうこれでとどめを刺された。
暗い戦争の道にもうすでに入ったんですよ。あとは何でも口実つけてどんぱちやるだけ。

鎌倉市も末期的症状。


拡散希望】2018/12/27(鎌倉市)第2回鎌倉市深沢地区まちづくり方針実現化検討委員会防災部会の傍聴者の募集について

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kyoten/fuka-bousai.html

日時:平成31年1月21日(月曜日)15時30分から17時まで

場所:早稲田大学西早稲田キャンパス55号館N棟1階第一会議室

コメント;なぜ東京で開催するのか?

【拡散希望】2018/12/27(鎌倉市)第2回鎌倉市深沢地区まちづくり方針実現化検討委員会の傍聴者の募集について

日時:平成31年1月29日(火曜日)10時から12時まで

場所:旧大船駅周辺整備事務所(大船2-7-8)

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/…/jitugenkakentouiinka…

コメント:何故、中村県議は辞職せず、次期も県議を目指すのか?(添付)

【拡散希望】2019/1/14(葉山インサイダー)「鎌倉インサイド」シリーズ 今年の鎌倉の行く末。深層を知る記事

https://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/c9deb5bc75822c98d0c71bc7673e0789

#松尾利権鎌倉市長 #小礒地権者副市長 #千田口利き副市長 #村岡新駅 #市庁舎移転 #深沢地区

先送りもあるけど、中国の労働賃金の安いのと戦った面もある。
本来付加価値を付けて高い賃金を維持するべきだったし、競争力のない会社はつぶれるべきだったが、そうはならなかった。国の護衛式もなかなか改められなかった。
とにかく私は住専を思い出す。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉おやじと平成:

« 村岡新駅  県・藤沢・鎌倉の首長が共同記者会見  費用分担決める | トップページ | 「毎月勤労統計」が消えた年金問題と同じ   これも忖度か    実質賃金マイナスの可能性!       »

無料ブログはココログ