« ドラックストアー「セイムス」横浜笠間店 | トップページ | 地方議会の現状    神奈川県    鎌倉市 »

長嶋竜弘新聞    鎌倉市フェイクと課題

長嶋新聞116号(2月号)が戸別配布されています。
主な内容は、国政安倍政権と同様に鎌倉市松尾市政もフェイクニュースが横行している。
鎌倉市政を的確にとらえているので紹介する。

鎌倉市政の未解決問題・課題 25件

鎌倉市政のフェイク         6件

現在、2月議会が開催されており一番の課題は、2019年度予算審議です。

お金が掛かる案件が目白押しだ。

1.市庁舎更新      :180億円

2.新ゴミ処理場移設  :

3.深沢地区再開発   :205億円

4.村岡新駅        :160億円

※ 鎌倉市は、3年連続で給料を上げており、2月議会でも

   上げる議案が提出されている。

 

  国民や市民の実質給与は、下がっていると報じられてい

  る状況下においては、修正されるべきだ。

 

長嶋竜広新聞  115号3期目116号(2月号)
19022201

19022202

19022202_2

 

« ドラックストアー「セイムス」横浜笠間店 | トップページ | 地方議会の現状    神奈川県    鎌倉市 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

おやっさん、長嶋竜「弘」でっせ。直したってえな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長嶋竜弘新聞    鎌倉市フェイクと課題:

« ドラックストアー「セイムス」横浜笠間店 | トップページ | 地方議会の現状    神奈川県    鎌倉市 »

無料ブログはココログ