« 地方議会に女性議員を増やす必要がある   神奈川4区立民で公認が取れない事態!? | トップページ | 全国統一地方選の県議選と神奈川県議選の鎌倉選挙区 »

松尾市政10年  ごみで決まったのは市民負担の有料化  個別収集とゴミ焼却を誰が責任持つのか   松尾市長は不信任だ

3月22日2月議会終了後市長の要請により、3月26日鎌倉市議会全員協議会が開催された。議題は[ゴミ処理施策について」です。

  ゴミ処理施策の決定事項

1.策定していた「ゴミ処理基本計画」を破棄して「新焼却施設建設」断念する。

2.山崎下水処理場における新ゴミ焼却施設建設計画は、住民の反対で断念する。

3.名越ごみ焼却施設は平成36年度までで停止を住民と約束済。

  ゴミ処理施策の予定事項

1.今泉ゴミ焼却場跡地に生ごみ資源化施設を平成40年度までに整備予定。

2.名越ゴミ焼却場停止から生ごみ資源化施設整備までの平成37年度以降40年度まで「自区外処理」として

  近隣自治体や民間事業者に委託焼却する予定。

3.生ごみ資源化施設整備後もゴミ焼却の「自区外処理」は続く。

 

鎌倉市「将来のごみ処理体制についての方針」には「焼却施設を建設せずにゼロ・ウエイストを目指して、

ゴミの減量・資源化に進める方向に方針転換することが妥当である。」と記載されている。

 

第三者に委託し、ゴミ処理出来ないという「リスク」を無視した方針だ。

 

市民として到底受け入れられない施策です。

 

議会が松尾市長に不信任を突きつけるべきではないか。

 

 

« 地方議会に女性議員を増やす必要がある   神奈川4区立民で公認が取れない事態!? | トップページ | 全国統一地方選の県議選と神奈川県議選の鎌倉選挙区 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2019/3/28(カナロコ)
https://www.kanaloco.jp/article/entry-157288.html

コメント:岩田氏の政務活動費についての主張がスルーされています。

(音声3分)https://youtu.be/XFsJsk5s2F8


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地方議会に女性議員を増やす必要がある   神奈川4区立民で公認が取れない事態!? | トップページ | 全国統一地方選の県議選と神奈川県議選の鎌倉選挙区 »

無料ブログはココログ