鎌倉市政

2019年5月19日(日) 「大船まつり 2019」

5月19日、雨はなさそうです。大船まつりを楽しめそうだ。

今年「大船まつり」の目玉は、

 1.令和の時代になり鎌倉で初めてのビックイベント。午前中のパレードで子供たちが、新年号の小旗を振り祝いする

 2.今年も車いすユーザーの仮装パレード開催。これをきっかけに心のバリアフリー目指して、鎌倉の共生社会を

   実現したい。

 3.パレード終了後(11時~12時)  芸術館通りトヨタレンタカー付近のパフォーマンス会場にて

   吉本芸人やサーカス団が出演。

 

 

松尾市政10年  ごみで決まったのは市民負担の有料化  個別収集とゴミ焼却を誰が責任持つのか   松尾市長は不信任だ

3月22日2月議会終了後市長の要請により、3月26日鎌倉市議会全員協議会が開催された。議題は[ゴミ処理施策について」です。

  ゴミ処理施策の決定事項

1.策定していた「ゴミ処理基本計画」を破棄して「新焼却施設建設」断念する。

2.山崎下水処理場における新ゴミ焼却施設建設計画は、住民の反対で断念する。

3.名越ごみ焼却施設は平成36年度までで停止を住民と約束済。

  ゴミ処理施策の予定事項

1.今泉ゴミ焼却場跡地に生ごみ資源化施設を平成40年度までに整備予定。

2.名越ゴミ焼却場停止から生ごみ資源化施設整備までの平成37年度以降40年度まで「自区外処理」として

  近隣自治体や民間事業者に委託焼却する予定。

3.生ごみ資源化施設整備後もゴミ焼却の「自区外処理」は続く。

 

鎌倉市「将来のごみ処理体制についての方針」には「焼却施設を建設せずにゼロ・ウエイストを目指して、

ゴミの減量・資源化に進める方向に方針転換することが妥当である。」と記載されている。

 

第三者に委託し、ゴミ処理出来ないという「リスク」を無視した方針だ。

 

市民として到底受け入れられない施策です。

 

議会が松尾市長に不信任を突きつけるべきではないか。

 

 

長嶋竜弘新聞    鎌倉市フェイクと課題

長嶋新聞116号(2月号)が戸別配布されています。
主な内容は、国政安倍政権と同様に鎌倉市松尾市政もフェイクニュースが横行している。
鎌倉市政を的確にとらえているので紹介する。

鎌倉市政の未解決問題・課題 25件

鎌倉市政のフェイク         6件

現在、2月議会が開催されており一番の課題は、2019年度予算審議です。

お金が掛かる案件が目白押しだ。

1.市庁舎更新      :180億円

2.新ゴミ処理場移設  :

3.深沢地区再開発   :205億円

4.村岡新駅        :160億円

※ 鎌倉市は、3年連続で給料を上げており、2月議会でも

   上げる議案が提出されている。

 

  国民や市民の実質給与は、下がっていると報じられてい

  る状況下においては、修正されるべきだ。

 

続きを読む "長嶋竜弘新聞    鎌倉市フェイクと課題" »

鎌倉ガーディアンズ大津代表   熊本出張報告    避難所運営

鎌倉ガーディアンズ大津代表より熊本地震以来、この2年10ヶ月間で7回目の訪問となった
熊本出張の報告がありました。熊本は、熊本地震・九州北部豪雨・熊本和水町地震など度々災害に見舞われている。それだけに災害に対する対策を施している。
大津代表は、鎌倉でも導入したいと言われています。


防災は喫緊の課題です。地域住民の防災は地域自治体と住民の連携が大切だが、鎌倉市が、国・県・他自治体の事例・知見を基に住民をリードすべきですが、、、、。

  

ところが、

  

鎌倉市には避難所運営マニュアルがないとのこと。

 

鎌倉市の場合は、マニュアルは住民で作ってとのスタンスだということ?
神奈川県下で避難所運営マニュアルを作成していないのは、南足柄市と座間市と綾瀬市と鎌倉市だけだということだった。


地域力があれば、防災力になりうる。

行政として地域を引っ張る力があれば、地域力・防災力に繋がる。

松尾市長のリーダーシップと市職員の努力が、市民の命を守る。

続きを読む "鎌倉ガーディアンズ大津代表   熊本出張報告    避難所運営" »

防災講演会のお知らせ

鎌倉市民の皆さまへ 防災講演会のお知らせ(その1)

 鎌倉防災研究会では、以下のように、講演会を開催します。入場無料、行政とはまったく関係がありません。皆さま、ふるってご参加ください。

日時:4月6日(土)午後2時~4時ごろ
開場:鎌倉芸術館 集会室(定員最大78人)
料金:無料。参加手続き不要、直接会場へ。

講演者

①東京大学大学院工学系研究科の廣井悠・准教授
②日本財団アドバイザーの黒澤司さん。
日本財団職員として、神戸、中越、東日本、熊本など40か所の被災地で、救援活動の最前線で仕事をしてきた。


鎌倉市職員や町内会役員などが出席して業務の参考にしてほしいです。


防災講演会は、草間俊介(facebook)さんより拡散依頼がありました。


※ 草間さんは、東京新聞記者で以前は鎌倉市役所担当でした。

村岡新駅  県・藤沢・鎌倉の首長が共同記者会見  費用分担決める

2018年12月27日朝日新聞

続きを読む "村岡新駅  県・藤沢・鎌倉の首長が共同記者会見  費用分担決める" »

「村岡新駅」構想が進展か!

今まで「村岡新駅」に積極的でなかった藤沢市が、JR東日本に対して新駅設置を要望すると
ともに応分の負担を求めていくという表明した。さらに、事業実施のスケジュールも合わせて
示している。
県・藤沢市・鎌倉市だけでなく、JR東日本の協力・負担と国の支援が無くては出来ない。
12月14日鎌倉市議会建設常任委員会にてどのような報告が、なされるか。


JRと国が、前向きに検討するという暗黙の了解があると


考えたいものだ。

中村省司県議政治活動費事件の考察

朝日新聞湘南版「架空支出519万円自民が返還請求」

18120801

神奈川県が最高裁に上告して勝訴したために中村県議不正請求分の政治活動費返還請求
を県がしなくなった。しかしながら、中村県議「県政レポート」印刷代等519万円は、架空請求と認定したため自民党県議団が中村県議に返還を求めた。
返還ついて中村県議は、弁護士と相談するとコメントした。
中村県議は、15年12月自民党県議団を離れている。
離団離党時に不正請求分を県議団に返還していなかった。


今回、中村県議と自民党県議団が決別したことになる。


自民党県連は、来春4月統一地方選に影響すると判断したようだ。
中村県議も県議団に返還すると言っていない。自民党と争うのか。
中村県議の行動が、選挙にどのような影響が・・・
鎌倉選挙区の前回県議選は、無投票でした。今回は?
会派に政治活動費を支給するのは、問題が多い。
議員までにワンクッション入ることにより不正の可能性が増える。
問題発生したところには会派支給が、これまた多い。



政治活動費は、議員個人に支給すべきと考えます。

続きを読む "中村省司県議政治活動費事件の考察" »

住民投票条例案は否決!  二元代表が機能していない

市民団体が直接請求した市役所本庁舎移転の是非を問う住民投票条例案を審議する臨時
会が開催された。2018年11月27日「鎌倉市本庁舎整備に関する住民投票条例の制定につ
いて」が、本会議において否決されました。


市庁舎の位置は、地方公共団体にとって「町づくり」の

「一丁目一番地」の課題です。


一丁目一番地の課題で市民から直接請求されるのは、仕事が出来ていないこと。

松尾市長と市議会が市民に対して説明責任を果たさず、市民の理解を得ていない。

鎌倉政治が、機能していない由々しき問題です。


鎌倉市政が、市民に向き合っていない。

行政も議員も自己の都合で仕事をしていないか。



続きを読む "住民投票条例案は否決!  二元代表が機能していない" »

資生堂工場跡地に豊島屋が工場建設へ

日経新聞「資生堂工場跡地に工場」

18112001

2015年資生堂鎌倉工場が閉鎖され跡地が、三菱地所へ土地が売却された。三菱地所
レジデンスが土地開発しマンション400戸が建設中です。年内に販売開始。マンション
完成は2020年3月予定。


土地利用計画では、三菱地所レジデンスが工場跡地の一部5000㎡を鎌倉市に寄付
するという。その土地利用を決める鎌倉市審査会において11月に優先利用候補者が
豊島屋に決まったと報道された。



鎌倉市のメイン事業は、不動産購入だと筆者は揶揄していた。鎌倉市は、鶴岡八幡宮
裏山の「御谷騒動」以来、古都・緑地保全のため1千億円は超えないが何百億円と土地
購入を続けてきた。



松尾市長は、不動産事業を始めて借地収入を得ようとしている。


おかしな話だ。利権の匂いがプンプンする。

 

 

続きを読む "資生堂工場跡地に豊島屋が工場建設へ" »

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ